リハビリテーション科

入院業務では、整形外科疾患や外科疾患の術後や、内科疾患発症後の患者様の急性期・亜急性期を中心に、入院後早期からリハビリを開始しています。

また、廃用症候群の予防を行い、院内の日常生活動作だけでなく、退院後の在宅復帰を目指して、機能改善運動や歩行練習、日常生活動作練習を行います。
また、自宅へ家屋改修検討のための訪問を行い、退院後の生活を視野に入れ、地域との連携も積極的にとっています。

外来業務では、夜間診療に携わり、整形疾患を中心に機能改善運動や歩行指導、日常生活での動作改善指導などを行っています。温熱療法や電気治療器具での物理療法を併せて行います。

今後は機能訓練室の拡張やリハビリテーション設備の充実により、リハビリテーションの更なる質的向上を図りたいと考えています。個々の患者様の機能を最大限に伸ばし、日常生活の自立度を改善することで、より質の高い生活を営むことができるようにお手伝いします。