お一人おひとりが 生き生きと輝き 居心地の良い 豊かな暮らしを創る
〜その人の人格を尊重して その人らしさを支える〜 
@ 普通に暮らすということ〜やすらぎの場、ふれあいのある家〜
A その人の『居場所』の大切さ〜役割・存在感〜
B 生活支援〜その人の生活リズムの大切さ〜
C 出来る力、持てる力の『意欲』を引き出す支援
D 残存能力の維持・向上、自立支援

若い頃に出来ていた様々なことが年月とともに損なわれていくのはどうしようもないことです。

グループホームでは認知症によって自立した生活が困難になっても家庭的な雰囲気と環境の中で 心身の状態を穏やかに保つことができるのです。

そして、職員は利用者様のお世話をするのではなく『共に生活する』ことを大切にしています。